カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

儚げなのに芯が強い役ならこの人。英国の女優、ソフィ・ランドル「ピーキー・ブラインダーズ」「ボディガード」

 「ボディガード 守るべきもの」ではリチャード・マッデン妻、「ピーキー・ブラインダーズ」ではキリアン・マーフィーの妹。

前世でどれだけ徳を積んだんだろうと思ってしまうソフィ・ランドル。最近、遭遇率が高いのでチェックしてみました。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sophie Rundle(@sophiesophierundle)がシェアした投稿 -

 「ハッピー・バレー 復讐の町」ではジェームズ・ノートンに殺されちゃいますが、最近観直してソフィ・ランドルだったと気づき、ビッキー、逃げてーと心の中で思わず叫んでしまいました。

繊細で控えめな風情なのに印象に残る女優さんです。

 

ピーキー・ブラインダーズ」より。クラシックな服装が似合いますね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sophie Rundle(@sophiesophierundle)がシェアした投稿 -

ソフィ・ランドル(Sophie Rundle)は、1988年英国バッキンガムシャー生まれ。名門ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマチック・アート(RADA)出身の実力派です。

ドラマ「ジェームズタウン」で共演した俳優マット・ストコエと婚約中とのことですが、マットさん「マスケティアーズ」「ボディガード」にも出ていました。

 

ソフィは卒業後すぐにTVドラマ「タイタニック」に出演(2012)。そしてルックスから想像される通り、時代ものが多いことで知られているとの記事が。

ピーキー・ブラインダーズ」は1920年代ですし、ジェームズタウンは17世紀のお話。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sophie Rundle(@sophiesophierundle)がシェアした投稿 -

ジェームズタウンとはイギリスが北米大陸に作った最初の植民地で、バージニア州にあるそうです。イギリスからここに渡った人たちの物語。制作は「ダウントン・アビー」のチームで、2017年から3シーズン続いています。

日本でも配信されたら見てみたいですね。

 

現在話題のドラマでは「ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ」(2019)。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sophie Rundle(@sophiesophierundle)がシェアした投稿 -

舞台は19世紀の英国ヨークシャー。“近代最初のレズビアン”といわれる女性、アン・リスターの自由で大胆な半生を描いたもの。BBC×HBO制作の意欲作らしいです。

日本では、2020年6月下旬からスターチャンネルで放映。

左のアン・ウォーカー役がソフィで、右のアン・リスター(サラン・ジョーンズ「女医フォスター」)の恋人みたいです。

 

この他、映画「大いなる遺産」やドラマ「マーリン」「ディケンズ」など確かに時代物、コスチュームプレイものに出演していますが、英国俳優だったらそう不思議ではない気がします。期待の若手であることは間違いないのでしょう。

 

現代ものとしては、「ハッピー・バレー 復讐の町」シーズン1(2014)での熱心な警官役。 

「ハッピー・バレー 復讐の町」シーズン1よりソフィ・ランドル sophie rundle

「ハッピー・バレー 復讐の町」シーズン1より

 

ボディガード 守るべきもの」(2018)ではデイビッド・バッド(リチャード・マッデン)の別居中の妻ビッキー役。シーズン2が出来たら(出来るはず!)ぜひまた登場してほしいキャラクターです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sophie Rundle(@sophiesophierundle)がシェアした投稿 -

 

 「ピーキー・ブラインダーズ」(2013~)ではシェルビー家の長女、エイダ・シェルビー役。大人になりました。左からエイダ(ソフィ)、長兄アーサー(ポール・アンダーソン)、次兄トーマス“トミー”(キリアン・マーフィー)、叔母のポリー(ヘレン・マックロリー)。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Peaky Blinders(@peakyblindersofficial)がシェアした投稿 -

シーズン6、待ってます!

 

ほかに、コメディ「Urban Myth」(2019)ではダイアナ元妃役。ちょっと線が細いかも。

BBC「The Nest」(2020)では「ライン・オブ・デューティ」のマーティン・コムストンと共演中。

この後は、ジョージ・クルーニーフェリシティ・ジョーンズ共演の映画やパートナーであるマット・ストコエ(「ニミュエ」「マスケティアーズ」S3)共演作が控えているもよう。

 

 楽しみに注目したいと思います。