カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

映画「デューン/砂の惑星」(1984) 感想 ~ カイル・マクラクラン ver. です Netflix 

ティモシー・シャラメではございません(生まれてないし)。

 

公開当時25歳のカイル・マクラクラン(Kyle MacLachlan)が主役を務めた1984年版の「デューン砂の惑星です。

 

原作を読んだのがたぶん中学生くらい。最近、映画のリメイクの話を知り、懐かしくって見てしまいました! 作品自体はアレですけど。

Netflix配信中です。

f:id:kanon221:20200920234518j:plain

この写真は1991年なので「ツイン・ピークス」の頃ですね。photo by Alan Light

ここから始まったデヴィッド・リンチとの名(?)コンビ

1959年米・ワシントン州出身のカイル・マクラクランWikipediaによると、舞台で活躍した後、映画初出演が「デューン砂の惑星」でした。

 

監督はご存知デヴィッド・リンチ。「イレイザーヘッド」(1976)、「エレファントマン」(1980)の次が本作でして、大コケしたはず。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

↑撮影中のお二方。「ブルーベルベット」の頃かな? 若いっ!!

 

デューン」の次が映画ブルーベルベット(1986)、そして伝説のドラマ!ツイン・ピークス(1990-91)へと続きます。

 

わたくしツイン・ピークス」→「X-ファイルでアメドラにはまり、セックス・アンド・ザ・シティで “趣味:海外ドラマ” を自覚した世代ですので、カイル・マクラクランはもう懐かしいというか海ドラの原点のような人。端正な超絶イケメンなのにとぼけた味わいがど真ん中です。

↓「SATC」シャーロットと。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

ツイン・ピークス(2017)は未見ですみません。最近はすっかりグレーヘアというか白髪紳士なイメージですが、当時はこんな↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

 

↓お隣はパトリック・スチュワートピカード艦長になるのはこの3年後です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

 

2020版を想像しながら見るのが楽しい!

 

このカイル・マクラクランの役がティモシー・シャラメになるわけですね。

ティモシー・シャラメの役名は「ポール・アトレイデス」だそうですが、カイル・マクラクラン版は「ポウル」です。これ、原作の翻訳の表記のままだったと思います。

 

現在は新訳が出ているらしく分かりませんが、当時のハヤカワ文庫はそうでした。ええ、表紙も挿絵も石森章太郎先生でした!!(そこに惹かれて買いました)。

 

この本でSFにはまり、ハヤカワ文庫という存在を知り、お小遣いにぎりしめてワクワクしながら通った本屋さんまで思い出します。挿絵というかイメージイラストが何点か含まれていたと思います。実家を捜索すれば出てくるかしら。

 

この本に出てくる「恐怖は心を殺すもの」というフレーズが気に入り、小心者だったワタクシは(今もですけど)先生や親に怒られる前に心で唱えていたのも懐かしい思い出です。

 

原作者フランク・ハーバートと↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Happy birthday to the man, the myth, and the legend behind #Dune: Frank Herbert 🥳🎂🌏🌶🐛

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

 

↓母親役はフランチェスカ・アニスでした。2020版ではレベッカ・ファーガソン

チャニ役は「ブレードランナー」(1982)のショーン・ヤング。2020版ではゼンデイヤ

↓先ほどのパトリック・スチュワートが演じた強ーい味方ガーニー役はジョシュ・ブローリンに。

f:id:kanon221:20200921005325j:plain

IMDbより

↓父レト・アトレイデス公爵役はユルゲン・プロホノフからオスカー・アイザックへ。

f:id:kanon221:20200921005149j:plain

IMDbより

 ↓スティングが演じた悪役ハルコネン男爵の甥フェイド役は見当たりませんでした。同じく甥のラバンが出るからいいのかな。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -

 

ダンカン役はジェイソン・モモアらしいのでパワーアップしそう。

f:id:kanon221:20200921005700j:plain

IMDbより

↓ポウルを助ける役で「NCIS : LA」などのリンダ・ハントも出演してました!

f:id:kanon221:20200921005813j:plain

IMDbより

↓皇帝役ホセ・フェラーは、「ツイン・ピークス」「NCIS : LA」ミゲル・フェラーの父上です。

f:id:kanon221:20200921013239j:plain

IMDbより

↓そーしーてー! 不思議な力をもつ(魔女ともいわれる)集団の教母たち。その重要人物だったのがシルヴァーナ・マンガーノ! 2020版では教母の一人としてシャーロット・ランプリング

f:id:kanon221:20200921005934j:plain

IMDbより

↓そしてそしてー! ケネス・マクミランが演じた宿敵ハルコネン男爵ステラン・スカルスガルド 

Stellan Skarsgård 2009

ハルコネンのルックスは少々気分悪くなるのでご本人の写真にいたしました。

 

だってヴィジュアルは・・・デヴィッド・リンチ節全開なんです。

 

神話的なSF世界と異形の濃厚世界がデヴィッド・リンチ趣味で展開。当時のお粗末なCG(特撮?)との相乗効果で・・・苦しい、微妙な、はっきり言ってB級カルト作品になってしまいました。「スターウォーズ」より後なんですけどね。砂丘は素晴らしかったけど。

 

お話としては、筋だけ継ぎはぎした、はっきり言って薄ーい作りです。

監督なのに最終カットの権限がなかったそうで、映像は撮ったけど編集には関われなかったということでしょうか?

 

でもいいんです。何より原作が好きだし、カイル・マクラクランはどこから見ても美しいし。

きっと2020版はストーリーもしぼって練ってくるのではないでしょうか(偉そう)。最新技術を駆使して、ほかにも豪華キャスト多数出演。12月公開予定なので楽しみですね。

 

あ、物語は、雨の降らない砂の惑星の稀少物質争奪戦やらかたき討ちがからまった遠い未来のSFです。

 

最後に音楽。

1984年版はブライアン・イーノTOTOが話題でした。

2020版はハンス・ジマーとのことで、きっと素敵。期待です!

 

最後に最後に、2018年来日時のカイル・マクラクランです↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mom always said don’t play in your food. #kusama 🇯🇵

Kyle MacLachlan(@kyle_maclachlan)がシェアした投稿 -