カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

ドラマ「ライン・オブ・デューティ」に出てきた英国の警察の階級について

クライム系ドラマでよく出てくる呼び名について。

階級がはっきりしている組織のお話で、アルファベットの略号で呼ばれることが多いです。DSアーノットとか。

覚えていなくても問題はないんですが、念のため整理してみました。

 

現時点でブログにまとめたシーズン3までの登場人物をおさらいしてみます。

(「ライン・オブ・デューティ」は現在シーズン5まで放送済。シーズン6の撮影が終わって2021年前半に本国BBCで放送予定。)

 

ちなみに、登場人物のほとんどが 刑事Detective でして、犯罪捜査課 Criminal Investigation Department(CID)に属しています。略号の頭にDがつくのはDetectiveということみたいです。

 

階級の上から順に(きっと一番上は警視総監だと思いますが登場していません)

警視監 CC/Chief Constable

ライトウォーター警視監が登場しました(S2E4)。汚職捜査(AC-12)の面談では、少なくとも1階級以上、上の警官から質問することになっていて、相手がドライデン警視監補と格上だったため、さらに上の警視監が同席しました。

東ミッドランズ警察署から来てもらったようです。Chief Constable Lightwater of the East Midlands Constabularyでした。

 

警視監補 DCC/Deputy Chief Constable

ドライデン警視監補(S2)。テッド・ヘイスティングス警視の直接の上司でしたね。Deputy Chief Constable Michael Dryden。

 

■警視長 ACC/Assistant Chief Constable

ヒルトン警視長(S1)ACC Derek Hilton。

 

警視正 Ch. Supt./Chief Superintendent

フェアバンク(元)警視正(S3)Ch. Supt. Patrick R. Fairbank。台詞では略さず話してました。

 

■警視 Superintendent

ヘイスティングス警視(S1-) Superintendent Hastings。警部の上の階級。
 

■警部 DCI/Detective Chief Inspector

トニー・ゲイツ警部(S1)DCI Tony Gates。刑事たちのチームを率いる立場ですね。
階級としての警部だけだと Chief Inspector。刑事Detectiveの警部Chief InspectorでDCIになるみたいです。以下同。

 

■警部補 DI/Detective Inspector

マシュー・コッタン警部補(S2で昇進)DI Matthew Cottan。リンジー・デントン警部補(S2-3)DI Lindsay Denton。

武装警察官 Authorised Firearms Officers(AFO)のマッカンドリュー警部補は、犯罪捜査部門(CID)の刑事ではないので INSP Tracey McANDREW でした。

 

■巡査部長 DS/Detective Sergeant

ティーブ・アーノット巡査部長(S1-)DS Steve Arnott。

AFO のダニー・ウォルドロン巡査部長は SGT Waldron。Police SergeantSGTまたは PSになるみたいです。

軍曹と同じで最小ユニットの下士官という感じでしょうか。

 

■巡査 DC/Detective Constable

ケイト・フレミング巡査(S1-3)DC Kate Fleming。S3ラストで昇進してDSになります。

武装警察のハリ、ロッド達は同じ巡査でも Police Constable(PC)なのでPC Harinderpal Bains、PC Roderick Kennedyでした。

ジャッキーは Woman Police Constable(WPC)で WPC Jacqueline Brickford なんですが、ケイトに W はつかないので制度上の変更があるのかもしれません。もう W の文字は無くなるんでしょう。

 

武装警察のチームは、Armed Response Unitのようです。

言葉の意味や権限はもちろん日本の警察と全く同じではないでしょうが、とても分かりやすい字幕なのだなと思いました。

 

※なお、上記いずれも素人の覚え書きでございます。

 

↑S4に再登場。

 

f:id:kanon221:20200713223833p:plain