カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

目指せ! 海外ドラマ脚本家? ~ ジェド・マーキュリオの脚本教室

「ライン・オブ・デューティ」「ボディガード ~ 守るべきもの」でおなじみの脚本家・監督・プロデューサー、ジェド・マーキュリオが、BBC MAESTROで脚本講座を公開中です。

各界のクリエーターが創作を講義するプログラムみたいです。

たぶん日本からは(簡単には)視聴できないんですけど、面白そうな内容だったのでメモ。

 

「テレビドラマの脚本コース」担当がジェド・マーキュリオで、このほか、シェフや児童文学作家や作曲家としてゲイリー・バーロウなどが登場しています。

今後は演技コースでヘレナ・ボナム=カーターとか、ミュージカルでティム・ライスとか、ファッションデザインではOZWALD BOATENGとか。

 

NHKカルチャースクール、ストリーミング版という感じでしょうか?
NHKにもあったら、ぜひ講座ごとに配信してほしいなあ。すでにあるかもしれませんが)

 

「TVドラマ脚本コース」(講師ジェド・マーキュリオ)は、計28レッスン・7時間だそうです! いろんな資料もついてくるそうですよ。


といっても、BBC iplayer が使えない(たぶん)国外からは難易度高いんですけど、どんな視聴方法があるか分からないのですが、興味のある方はトライする価値あるかも?

 

ちなみに、1レッスン15分前後、実際の撮影現場(「ライン・オブ・デューティ」)やミーティングの様子も登場しているみたいです。

 

講義内容は、例えば

1)作家は作られる、生まれながらの作家はいない
2)インスピレーション、アイデアをどこから得るか
3)アイデアを発展させるには
4)どんな種類のTVドラマがあるのか、必要な要素とは
5)ドラマの設定
6)キャラクターと設定をどう関連づけるか
7)パイロット→視聴者をどう引き付けるか、パイロット版を考える
8)企画を練り上げ、通すための要素
9)ストーリーの組み立て方
10)刺激的な事件やエピソードを生かすには・・・

と、一つのパイロット版を作成するまでの手順・考え方が順を追って展開されます。

後半では、「退屈されるのを防ぐ方法」「ストーリーを動かす要素は何か」「制作途中での書き直し」など具体的・実践的なことも含まれているようす。

 

現在は脚本家にとって大きなチャンスだと語っているみたいです。特にミステリードラマを知りたいなら面白そうですね。

 

今ならお得なコースもあるようです♪ 

 

 

f:id:kanon221:20201222125230j:plain