カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

ドラマ「ライン・オブ・デューティ」シーズン5Ep3 感想 ~ 完全に一線を越えた潜入捜査官、ジョン・コーベット・・・ Netflix

2019年に放映された「Line of Duty」シーズン5第3話のネタバレ感想です。前回はこちら、メインキャスト3人についてはこちらへ

 

本国BBC ONEではシーズン6絶賛放送中!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Vicky McClure(@vicky.mcclure)がシェアした投稿

3人ともピンチになるのかしら??? ストーリーは全く追ってませんけど(できないし)ドキドキするビジュアルですね。

 

そしてケイトとケリー・マクドナルドことジョアン・デビッドソンは仲良くなってるみたいです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Line Of Duty(@bbclineofduty)がシェアした投稿

楽しみに待ってます😊

 

~~~~~~~~~~~~~~

前回、自分を脅して協力者にしたのは警官だったと話したジェーン・キャファティ巡査部長。写真で特定したのは、シーズン3で死んだマシュー“ドット”コッタン警部補(クレイグ・パーキンソン)でした。

つまり、これまでの捜査で“H”はヒルトン警視監補だったと思いたいテッド・ヘイスティングス警視(エイドリアン・ダンバー)ですが、組織はまだ生きている=“H”は他の人物ということになります

 

ジョンはリサの情報を渡す→拠点2か所を摘発へ

 

汚職警官のトップを突き止める! と話がついた(?)スティーブ・アーノット巡査部長(マーティン・コムストン)潜入捜査官ジョン・コーベット巡査部長(スティーブン・グレアム)は何度も連絡を取り合います。

 

で、リサ・マクイーン(ロチェンダ・サンドール)の名前と携帯番号を伝えます。

リサの動きを見張ったスティーブは、組織の2つの拠点を特定。

 

●1つは、ジョン達が活動している「キングスゲートプリントサービス」。

●もう1つは、モス・ヒース地区の「プルトン・ハウス」。

シーズン1、トニー・ゲイツ警部の事件で出会った凶悪犯ミンコビッチも特定しました。
この「プルトン・ハウス」に来る女性はリサだけ。男性だけが出入りすることから、ドラッグか売春の施設と思われます。

 

スティーブは、ジョンと打ち合わせた通り組織を一網打尽にすべきだと主張しますが、売春宿なら女性たちを救出するべき、というヘイスティングス警視とケイト・フレミング警部補(ヴィッキー・マクルーア)に押し切られてしまいます。

 

そして、2か所に突入!

スティーブが事前にジョンに伝えたので何とか逃げますが、プルトン・ハウスからは少女が救い出されました

 

また、張り込みでも顔を見せなかった男(つまり重要な客と思われる)の使用済みコンドームが保管されていたとわかります。

脅すために組織が残していたものですね。

 

ハイライトは警察の保管庫襲撃! 結果、汚職警官が死亡

 

リサは、ジョンに自分達が逃げることができたのはなぜかと尋ねます。

ジョンは「大きいヤマの直前でモタついていられない。知ってたら売春宿にも知らせていた。運が良かった」と言い逃れます。

 

大きいヤマというのは、警察の保管庫を襲うというもの。

●3つの警察署が証拠品を保管しているイーストフィールド保管庫で、

●強盗事件で奪われた金塊や宝石など5000万ポンド(75億円!?)以上。

 

リサとともにノートPCで汚職警官トップと連絡をとったジョンは、警備などに仲間の汚職警官を配備し、上の汚職警官にもその場に来るよう伝えます

ここをスティーブに逮捕してもらおうという計画ですね。

 

が、思わぬ方向に展開します。

●予定通り、手際よく保管庫へ侵入。証拠品を積み込みます。

●AC-12と武装警官は、証拠品に追跡装置をつけ、監視。踏み込むタイミングを待っている。

●近くで他の警官が襲撃されたとの連絡が入り、スティーブと一部の武装警官は人命救助へ。

●強盗団に一台の車が後から合流。汚職警官のようで、証拠品の追跡装置を解除

●引き上げる時に、ジョンが汚職警官の脚を撃つ(機関銃で)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Line Of Duty(@bbclineofduty)がシェアした投稿


●スティーブ達は引き返してジョンの車を追うが、途中で車を撃たれて断念 


●トラックは乗り捨てられていました。


緊迫の襲撃シーンでした!

どうしても汚職警官のトップ “H” を呼び寄せたかったジョンは、スティーブが逮捕に来ないので足止めするために撃ったのでしょう。

 

しかし傷が重すぎて出血多量。後に病院で死亡するこの汚職警官は、何と重犯罪特捜班のハーグリーブス警視正でした・・・

 

途中で「襲撃された」と応援要請をした警官は、ハーグリーブス警視正の指示でわざと車をスリップさせたと分かり、汚職警官トップは犯罪組織とAC-12の両方を出し抜いたことになります。

 

ジョンはヘイスティングス警視が “H” だと思っている?

 

改めてスティーブと会ったジョンは興奮状態。汚職警官のトップを捕らえられなかったのですから。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Line Of Duty(@bbclineofduty)がシェアした投稿

ハーグリーブス警視正が亡くなったと聞き、「殺す気はなかった。一線を越えてしまった」と後悔するジョン。

スティーブは「とっくに越えてる」と言いまして確かにそうなんですが、明らかに温度差があります。

 

汚職警官を捕まえるためにはスティーブだけが頼りだと言ってました。そのためにハーグリーブス警視正を足止めしたわけです。

 

しかし、スティーブは応援に行くことになった、つまり「ヘイスティングス警視がスティーブを現場から引き離した」「ヘイスティングス警視もパウエル警視も妨害している」、“H” はヘイスティングスだというのがその理由

 

ここまではっきり言い切るのは何か根拠があるのでしょうか?

 

銃まで取り出したジョンはスティーブに「俺のルールでカタをつける。お前にすべてがかかっていたのに」と言い残して去っていきます。

「すべて? 何の話だ?」とスティーブが叫んだように、ジョンにはまだ秘密がありそうです!

 

ヘイスティングス警視のプライベートは絶不調。そしてジルが再び近づく

 

今シーズン、ヘイスティングス警視の苦しい私生活がさらにクローズアップされています。

●前回から登場のモファットは、投資の失敗を取り戻すためにさらに金を貸し付けるとあやしい勧誘。

●ジル(ポリー・ウォーカー)はアメとムチ作戦。

シンドワニ警視総監はコーベットが捕まらないことに気をもんでいる、ワイズ警視監補はビンドラを指名手配(潜入捜査と認めない)など不利な話をもってきた「ジョン・コーベットさえ捕まれば雑音は消える」と脅します。

しかもディナーに誘って、ヘイスティングス警視の安ホテルに泊まることになりました・・・

●なお、あやしく点滅するノートPCですが、エアプチに包んで処分しようとするシーンもありました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Line Of Duty(@bbclineofduty)がシェアした投稿

この苦しいプライベートは、どこかで破綻しそうな雰囲気です・・・。

 

最後に、ヘイスティングス夫人の部屋に押し入るジョン・コーベット

 

衝撃のラストでした。

「スティーブ・アーノットです」と自作の身分証を示したジョンは、別れて暮らすヘイスティングス夫人のアパートにチェーンを切って侵入しました!

 

~~~~~感想~~~~~

●ジョン・コーベット、何だかすごく焦って追いつめられてる感じです。

まだスティーブも理解していない何かがあると分かってきました。

 

ジョンなりに必死なんですが、今回は殺人犯になってしまいましたからね・・・。PCの謎の黒幕が気になります。

 

●そして、びっくりのハーグリーブス警視正!

このための再登場は残念すぎる・・・。確かにイニシャルは “H” ですが、トップとは思えない扱い。

 

絵に描いたようなコワモテ武闘派警察官で、憎まれ役なんだけどヴィジュアル的には秘かに楽しみにしていました。

サムもショックですよね。

 

●ジョンとリサのパワーバランスは微妙だし、なぜヘイスティングス夫人の家に押し入ったのか・・・が次回のキモなのでしょう。

 

●ジョンと会っていたことを、ついにケイト→ヘイスティングス警視に話したスティーブでした。

 

「突入することを知らせた?」「してない」「甘いわよ」のやりとりがツボでした。

昇進したケイトは自信にあふれていて、指揮官としてシビアです。「甘いわよ」の原語が知りたかったけど、シーズン5からはなぜか英語字幕がないので残念。

 

それにしても、ジルは「冗談よ」と言いながら、女性を昇進させるのは性差別の裏返しだと言ってましたね。ワイズ警視監補も女性でなければあの地位にいないと。

本筋とは関係ないかもしれませんが、こういう問題を織り込むところがリアルです。

 

●犯罪組織OCG(Organized Crime Group)側のメンバーも準レギュラーですね。前にも見たぞ、あんな名前だったんだ・・・という人物ばかりで、これからまだ注目キャラが活躍(?)し始める・・・はず。

 

 

次回、ジョンに一大事件が。

 

 

f:id:kanon221:20200713223833p:plain