カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

News●ドラマ「サンディトン」シーズン2の新キャスト発表!

ジェーン・オースティンの未完の作品をもとに作られた「サンディトン」待望の新キャスト情報が公開されました♪

 

英ITVではシーズン1で打ち切りとなった後(シーズン1は世界176か国で放映されたようです)、米PBSがシーズン2・3の制作を発表。経緯とニュースはこちらへ

 

オースティンなのに、シーズン2を前提に主役の2人が離れるクリフハンガー(使い方間違ってる?)で終わってしまい、しかもメインのシドニー役テオ・ジェームズが降板してしまい、主役シャーロットの相手役が気になるところ🤔

 

で、新キャスト計6人の情報が流れてきました。

詳細はぜひこちらへ!

 

 

シドニー以外のキャストはほぼ全員、戻って来るようです!

そして物語は、シーズン1から9か月後の設定。シャーロットがショックから立ち直りつつある時期、ということかしら。

 

記事によるとおおまかなストーリーは

●シャーロットは2人の男性からアプローチされる
●ジョージアナ・ラムは21歳になる(成人する?)前の最後の夏、アイデンティティを確立するために愛について何か行動を起こすらしい
●トム・パーカーはサンディトンの再建に尽力。パーカーズも(シドニー以外)戻って来る
●デナム家の相続問題も引き続き。一家の秘密と嘘が大問題になるもよう
●陸軍がサンディトンを新たな拠点にするためにやって来る。そして色んなロマンスや友情やトラブルが起こり・・・

 

という展開のようです!

で、ざっと解読した新キャストは以下の通り。イキのいい注目株が多いのではないでしょうか。

 

■ アレクサンダー・コルボーン Alexander Colbourne(Ben Lloyd-Hughes)

複雑な家族構成の人物。シャーロットの相手役の1人みたいで、ミステリアスな住人と書かれていました。

ドラマ「Industry」のBen Lloyd-Hughes

 

■ フランシス・レノックス大佐 Colonel Francis Lennox(Tom Weston-Jones)

アレクサンダーのライバル、シャーロットに好意を寄せる戦争の英雄。アレクサンダーと対照的な人物とのこと。

ネトフリ「暗黒と神秘の骨」などに出演。

 

■ アリソン・ヘイウッド Alison Heywood(Rosie Graham)

シャーロットの妹がサンディトンにやって来ます。ウィリアム・カーター大尉(Maxim Ays)と恋の予感。

ロージー・グラハムは「アウトランダー」Morna Cameron。

 

■ デクラン・フレイザー大尉 Captain Declan Fraser(Frank Blake)

勇敢な人物。

Frank Blakeは、2020のドラマ「普通の人々」や「フランケンシュタイン・クロニクル」「GOT」など。

 

■ ウィリアム・カーター大尉 Captain William Carter(Maxim Ays)

ハンサムで魅力的でアリソンと交際するかも?

Maxim Aysは情報がほとんどないんですが、「Still So Awkward」という作品に出ているらしい。

 

■ チャールズ・ロックハート Charles Lockhart(Alexander Vlahos)

何やら派手で目立つ印象的なキャラのようです。肖像画を描くためにサンディトンにやって来たバイロニックな画家(Byronic artist)とのこと。

Alexander Vlahosは「ベルサイユ」のオルレアン公。

 

 

以上、速報でした🌟

どこが配信してくれるのかなぁ 

 

f:id:kanon221:20210610220033p:plain

↑S1