カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

News●ドラマ「ルシファー」シーズン6は9月10日配信スタート!

Netflix「ルシファー」のファイナルシーズンは、9月10日と正式に発表されました❗  本国情報ですが。

(★追記★日本も9月10日と発表されました)

はやいですぅぅぅ😵

嬉しいんだけど、シーズン5後半をまだまとめきれてなくて、それに配信が早いってことは、終わりも早いってことじゃないですか。

う~~ん、悩ましい💦

 

シーズン5前半はこちら、後半はここ、シーズン6エピソードタイトルはこちらへどうぞ。

上の動画はオフィシャル告知動画ですが、内容は、これまでのオマージュですね。

これまで同様、全世界同時配信だと思われますが、日本はどうなのかな。

 

TVLineによりますと。

やはり、予想より早いスケジュールと受け止められているようです😈

 

そして、ショーランナーのイルディ・モドロヴィッチは「悪魔が神になったような状況でしたが・・・なぜ彼は躊躇しているのか? そして、神のいない世界が崩壊し始めたとき、ルシファーは何をするのか?」がテーマのよう。

 

「みんなとのほろ苦い別れを体験しましょう。ティッシュを忘れないで」と語ったそうです😢

(素人の意訳です。“みんな” にはダン含む)

 

 そして共同でショーランナーを務めるジョー・ヘンダーソンが以前話していたことも紹介しています。

 

シーズン6が白鳥の歌になるわけですが、当初は、シーズン5で終わるはずでした。

で、「シーズン5のフィナーレまでに語るべきストーリーがあると気づいた」ですって。

 

ひょっとしたら、シーズン5をさらに掘り下げる内容が含まれるのかもしれませんね。

 

 

ほかにシーズン6について分かっていることは。

●ダンは亡くなりましたが(いろんな形で登場すると思ってます!)ケビン・アレハンドロ監督作について本人は「楽しい楽しいエピソード」と話しているそうです。

 

そして「ダンが自分の選択を解明しようとすることが垣間見える」とても美しい部分があるのだとか。

 

●メイズ(レスリー=アン・ブラント)は、メイズとイブの “a giant journey” があり、2人の関係を脅かすキャラクターが登場するそうです。

 

●アメナディエル(D・B・ウッドサイド)が監督したのは「長い夜に起こる “bottle episode”」。

「見たことのないエピソードだと思うよ。それに、シーズン6での大きな出来事はファンをとても楽しませると思う」ですって!

 

●なお、シーズン5でダンがエラに紹介していたキャロル・コーベット(スコット・ポーター)が再登場するとか。

 

 

具体的な内容について分かったことはこれくらいですが、キャスト、プロデューサー、脚本チームの皆さんもいろんなメッセージを投稿していますね。

楽しい、充実したファイナルシーズンを待ちたいと思います❗

超備忘録ニュースでした。 

 

 

f:id:kanon221:20210331175148p:plain