カノンの海外ドラマ漂流記

気ままな海外ドラマ中心のブログです。ネタバレ記事中心です。

ドラマ「LAW & ORDER: SVU 性犯罪特捜班」シーズン22Ep13 感想 ~ オリビア、弟の死の真相に気づく

FOX放送中のシーズン22第13話「モーテル連続怪死事件(Trick-Rolled At The Moulin')」ネタバレ感想です。

 

Trick-Roll は美人局のことらしい。原題は「ホテル・ムーランでの美人局」。女性たちによる犯罪から始まります。

 

で、先に書いてしまうと、「To Be Continued」で終わります。

もちろん来週ではなくて、本国では続けて放送されるスピンオフ「LAW & ORDER: ORGANIZED CRIME」に続く・・・・・・😓

 

関連する事件だったわけですが、SVUパートは解明されて終わりますので、気長に待つことにいたしましょう🤞

 

本国NBCでは2021年5月放送でした。

 

  

~~~簡単概要~~~

始まり自体はシンプルな事件です。

女性3人組が、裕福な男性にお酒とクスリを飲ませ、安ホテルに連れ込んで金品を奪う。標的は社会的地位があり、通報できない人物ばかり。

 

なんですが、このクスリが粗悪品で犠牲者が出てしまいます。「効きすぎた」状態でした。

 

そこで、背景や売人を調べていたら、大きな組織に関係ありそうだ、過去のあの事件にも、オリビアにもつながっていた! ・・・という展開なのでした。

 

「ORGANIZED CRIME」とのクロスオーバー前編エピソードです。

 

主なキャストを通して事件を紹介します

 

■犯人1:パイパー・トーマス

女性3人組の1人。ブロンドの白人女性。

元ストリップクラブのダンサーで、男性を誘ってモーテルに連れ込む。

↑警察でもふてぶてしいちんぴらです。

 

■犯人2:デスピナ・ジョンソン

女性3人組の1人。アフリカ系。パイパーは被害者男性に「モデル仲間」と紹介し、2人で男性にお酒やドラッグを飲ませる。被害者が亡くなっても「彼らも楽しんだ。私のせいじゃない」

 

■犯人3:ジェイド・チャン

女性3人組の1人。アジア系。ドラッグを調達してくる役。パイパー、デスピナに裏切られても口を割らないタフな女性。「死人より顧客が大事」。ドラッグ供給元の報復を恐れています。

一人娘ジアナがいる。

 

■ドライバー:フェリックス・ティンガ

アジア系の男性。パイパー達といっしょに行動する。ジェイドの娘ジアナの父親だったと分かります。ドラッグの売人でもある。つまりドラッグをどこから仕入れているか、が問題

 

■被害者1:エグゼビア・ガルシア

 

IT界のビリオネア。S22Ep8 でキャットのいとこ、リリーへのデートレイプ容疑で逮捕されました(→不起訴)。今回は、パイパー達によってお酒とドラッグを飲まされ、朦朧としているときにPINコードまで聞き出されてお金もカード、時計も奪われます。ベッドに縛られ亡くなっていました。

犯行現場は、元警官の警備員がいるホテル・ボルドー。

↑プレイ用の手錠と足かせが残っていました。

 

■被害者2:ポール・ランドリー

投資家。エグゼビアと同じようにクスリを盛られ、ホテル・ムーランで過剰摂取で死亡。防犯カメラからパイパーとジェイドが実行犯らしい。

実は、オリビア(マリスカ・ハージティ)の弟サイモンが亡くなったのもこのホテルでした。

 

■被害者3:ウォルター・リンダーマン

小児神経外科医。大病院勤務で大学でも教えている。自分で拮抗薬を注射して一命をとりとめる。

事件を公表すると警察が脅し、やっとパイパー達のことを話します。

 

■ビジネスマン:エドワード・ブッダスキー

富裕層向けの資産運用をしているエグゼクティブ。サイモンが亡くなった日(過剰摂取による事故死とされていた)最後に電話で話した人物

断薬会でサポートをしていたと話しますが、隠し事がありそうです🤔

 

オリビアの弟サイモンが亡くなった事件と似ている!?

 

きっかけは「ホテル・ムーラン」。サイモンが亡くなったホテルで、死因も同じ過剰摂取。

で、オリビアは「サイモンは1人で過剰摂取した事故死と思われたけど、殺人事件だったかもしれない!」と思い込む。

 

サイモンが亡くなった事件 S21Ep6 同様、久しぶりの検死医メリンダ・ワーナー先生(タマラ・タニー)が、ドラッグの成分を調べます。

少しだけ違うけど、今回の事件もサイモンの事件も検出薬物がよく似ている

 

何度も描かれているように「薬物の流行は目まぐるしい」から、どんどん “改良” されるのは当たり前らしい。

 

サイモンは、オリビア&ノアと約束していたランチに現れず、「もう連絡しないで」と留守電に残したことをオリビアは激しく後悔していました

事故じゃなかったかも! と捜査せずにはいられません😢

 

ステイブラー、フィンと3人でホテル・ムーランへ

NYPD組織犯罪課で活動しているステイブラー(クリストファー・メローニ)も加わって、3人でホテルを捜査するシーン、感涙ものです😭😭

サイモンが亡くなった部屋や防犯カメラを確認しました。

 

何でステイブラーかというと

ワーナー先生が突き止めたんです!

 

どの事件もすべて同じ配合のドラッグが使われている。風紀課によると “パープルマジック” というMDMA、濃縮フェンタニルの配合物。その致死的な粗悪品。

 

 “パープルマジック” は組織犯罪課が流通を追っているドラッグなので、連絡をとらなくちゃ、と。

 

オリビアは、あらためてサイモンの遺品を調べます。

で、携帯の待ち受け画像がサイモン&娘(オリビアと名付けましたよね、確か)だったので、娘の誕生日でパスコードを解除。

 

死亡当日、オリビアが残したメッセージは再生されていないことに少しだけほっとしていました・・・😢

↑いつも気持ちを察して気遣ってくれるフィン(アイス-T)。

 

さらに。

着信履歴から、最後に話したのがエドワード・ブッダスキーだったと分かりました。

 

弟サイモン&エドワード・ブッダスキーの関係は?

 

最初はフィンとキャット(ジェイミー・グレイ・ハイダー)、2回目はオリビアとフィンとカリシ(ピーター・スカナヴィーノ)でブッダスキーを訪ね、何と、サイモンとブッダスキーは高校の同級生だったことを聞き出します。

 

サイモンは「優秀なのに道を誤った」「姉とランチの約束をしているが会いづらいと話していた」と言い、お金を貸して励まそうとしていました

 

ストリップクラブで知り合ったパイパーとその友人を呼び出し、飲んでいたところ、気が付いたらサイモンが亡くなっていた。服を着せ、部屋を掃除し、救急車を呼んだ、と。

 

最後の「残酷なようだが、サイモンはラッキーだ。最期に楽しんだと言い聞かせた」という言葉を聞いたオリビアは、つらそうに1人先に部屋を出ました・・・

 

鍵はパイパーが保存していた写真と動画。ドラッグの流れを追う

 

ホテルの警備員やスタッフ、ブッダスキーが面通しをして犯人3人を逮捕。いきがったパイパー&デスピナと頑として口を割らないジェイドです。

 

捜査が進展したのは、男達との写真をパイパーが保存していたこと。ブッダスキー、サイモンと一緒の写真もありました。

そして、ジェイド、フェリックス、倒れたサイモンの動画も残っていました!

 

ドラッグ “パープルマジック” は、エリオット・ステイブラーらが追う国際的な犯罪組織とつながっています

 

対象はリチャード・ウィートリー(ディラン・マクダーモット。「SVU」には出てませんが)。

製薬会社のオーナーで、裏で “パープルマジック” を作っている。人身売買や殺人にも関わっているらしい。

 

なので、ステイブラーも一緒にジェイドを尋問します!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Law & Order(@nbclawandorder)がシェアした投稿

懐かしい2人組ですね。

 

絶対協力しないと強がっていたジェイドですが、「娘の父親フェリックスは組織を裏切った。娘ジアナも危険だ」と説得されて、ついにフェリックスのことを話します。

フェリックスはおとり捜査でドラッグの供給元へ行きます。粗悪な模倣品を作っていたのは、アジア系のマフィアのようです。

 

無事、解放されたフェリックスですが、デリバリーの自転車ライダー達に路上で銃撃されました。オリビアたち警察車両も銃撃されて終わりました。

 

ステイブラーの妻キャシー事件のその後は

 

ところで、ステイブラーとオリビアが2人で話すシーンがあります。

 

本国では、「SVU」「ORGANIZED CRIME」と1時間ずつ続けて放映されているわけで、それぞれの進展がはさまれます。

 

で、S22Ep9 で逮捕されたサーシャ・レンスキーがキャシーを監視、遠隔操作で爆発させたと分かったらしい。

 

キャシーの事件の捜査状況を知りたいステイブラーですが、上層部から止められています(関係者だから当然)。オリビアも止めます。

 

「自分を大事にして。突っ走らないで。自分と子供たちの心を救うのよ」。ステイブラーも「I hear you」とこたえてました・・・。

 

~~~まとめ感想~~~

 

●何より、オリビアが気持ちの整理をできたことが大きいですね。

 

同じ悩みを抱えたのがリリーです。

エグゼビアもリリーの電話を無視したから最後の怒りのメッセージは聞いていないと思いたい。

 

サイモンは事故死でなく犠牲者だった。悩みながらも更生に向けて頑張ろうとしていた。オリビアの留守電は聞いていなかったのが救いでした・・・

 

●とはいえ、なかなか強引な力業でした😓

 

え、まさかホントにサイモンにつながる? とビックリしたけど、オリビアが前に進むためのエピソードでしたから。

この後は、組織犯罪課が引き継ぐってことですね。

 

しかし、毎週クロスオーバー状態だから、今後もオリビア、ステイブラー共に両方に登場することが多いんだろうな。

 

クロスオーバーは日本での放映がずれると大変です。

これまでも何度「どのシカゴだぁ??」と探したことか・・・それも楽しいけど。

 

●サイモン・マードセン役はマイケル・ウエストン。

f:id:kanon221:20210808130531j:plain

Michael_Weston_by_Gage_Skidmore

瞳が印象的です。S8Ep16 以来、5エピソードに登場。もっと沢山出ているような気がしてました。

 

サイモンの死については、もともとはシーズン21最終話で触れられる予定だったのが、コロナで変更になったみたいです。

 

マイケル・ウエストン、いつどこで見たのかはっきり覚えていないんですけど、「バーン・ノーティス」「Dr. HOUSE」「HAWAII FIVE-0」などなどたくさんに出演。

 

ピアニスト、アルトゥール・ルビンシュタインの孫だそうです。わお。

 

●ワクチンの話もさらっと登場。

オリビアは2回目の接種の後、12時間眠り続けたそうです。

 

●ついに「SVU」でも名前が出ました、リチャード・ウィートリー(ディラン・マクダーモット)。 とっても悪いヤツみたいで楽しみですね🎵

サローヤン博士ことタマラ・テイラーは元妻役だったと思います。

 

 

f:id:kanon221:20210601182134j:plain